イケナイコトカイその他

以前、大森靖子さんのことを初めて知った衝撃でこんな記事を書いたことがありましたが、あの後たくさんの作品を聴きまくって、すっかり大森靖子さんのファンになりました! もうむしろ心の中では靖子ちゃんて呼んでいます。


すでに充分認められているとても有名な方だったのに、不勉強なまま書いてしまってちょっと恥ずかしい。初期の頃からめっちゃ才能の塊じゃないですか!! でも靖子ちゃんのことを知ったばかりのときの、あの鮮やかな感動はあのときの記事に刻んでおいたままにしておいてもいいのかなーとおもっています。


いまはまだ小6のムスメと一緒に聴くにはさすがにちょっと抵抗があるけど、なんだろな、この、靖子ちゃんに共鳴する心はこっそりもちつづけて、ムスメが大きくなったら一緒にライブに行ったりできる、心の若いおばさんになりたいです。
(でもムスメは今のところまっすぐ健全な子なので、ジャニーズとかのほうが好きなタイプかもしれない...(^^;)

ところで、これまたムスメには教えられないんだけど、そんな不良ママな私は、最近ふたたび岡村靖幸を聴いています。
20代のときに一時期聴いてたことがあったけど、その頃はCDを聴くことしかできなかったので、この年になり岡村ちゃんのパフォーマンスを初めて目にして衝撃を受けています。本当に天才ですごすぎるし本当に変態すぎる。

YouTubeのコメント欄も楽しいです。「キモい」とか「コント」とか「動きが妙」とか書かれてて、でもみんな彼の才能を称えてて愛にあふれてる。
若い頃の映像の中にいる岡村ちゃんは本当に美しくて儚い。当時は、ファン以外の人にとってはイロモノ扱いだったようだけど、唯一無二の自分を貫き通す姿が絶対的な自信にあふれてて、キモいとかそういうのを超越して、とにかく「なんかすごい」になる。
綺麗です。すごい綺麗。

 

 

「だいすき」は昔聴いてたときから可愛くて大好きだけど、このライブバージョンは最高にハッピー! スーパースターとしての自信と同時に、人間味も感じられて良いですね! 尊い。

 

 

靖子ちゃんのときと同じで、詳しい方にとっては何をいまさら、な感じでしょうが、尾崎豊と一緒にライブではしゃいでいる映像もあって、これもとても可愛いのです。

 

 

もう戻れないキラキラした時間が映像の中に閉じ込められてる。

私はこの頃小学生で、何も考えずひたすら学校と塾を往復する良い子ちゃんでした。びっくりするくらいほんとに何も考えてなかった。
いまの自分のムスメに比べたら、芸能人とかファッションとかにも疎かったし、音楽もそのとき流行ってるものくらいしか知らないし知ろうともしなかったし。
中学に入ったら尾崎豊が自殺して、その年の学園祭で高等部の先輩が泣きながら尾崎の歌を歌ってるのを見て、友だちが、「尾崎豊って私たちの先輩にとってはリアルタイムでスターだったんだよね、私たちはピンとこないけど」みたいなことを言ったのが今でも心に残ってる。

私が何もしらなかった時代に、とんでもなくキラキラしていた彼らの時間。
こうやって映像で見ることができるなんてうれしい時代です。
いいなあいいなあ、もう少し早く生まれていたら、私もあの中のベイベになって岡村ちゃんにキャーキャー言ってたかった!
 

子どもだった頃の、戻れない80年代のカルチャーへの憧れは、『東京トンガリキッズ』読んだときからずっと続いてます。
バブルの時代に、全然その恩恵を受けられなかったから余計に眩しく見えるのかも。
この本読んだのももうずいぶん前だけど、いまならYouTubeでひとつひとつ確認しながら楽しめそうですね。

 

JUGEMテーマ:J-POP